【サンパウロ時事】ブラジルのリオデジャネイロで20日早朝(日本時間同日夕)、男(20)が路線バスを乗っ取り、3時間半にわたって車内に立てこもった。男は警察特殊部隊BOPEの狙撃手に射殺され、乗客と運転手37人にけがはなかった。地元各メディアが伝えた。
 男はリオデジャネイロ近郊から市中心部に向かうバスに乗り込み、おもちゃの拳銃やガソリン入り容器をちらつかせてバスジャックを宣言。リオとグアナバラ湾の対岸を結ぶニテロイ大橋の上で停車させて籠城した。金を要求する一方で人質を道連れの自殺をほのめかしたり、バスに火を付けて人質を殺害すると脅したりしたため、狙撃手が男を射殺した。 

(ニュース提供元:時事通信社)