埼玉、長野両県で相次いだ家畜伝染病「豚コレラ」発生を受け、農林水産省は14日夜、幹部らが集まり緊急対策会議を開いた。江藤拓農水相は中部・近畿地方にとどまっていた豚コレラの関東地方への波及を踏まえ「ステージは確実に変わった」と危機感を表明。各自治体と連携しながら対応に万全を期すよう指示した。
 養豚業者や各自治体の間で要望が高まっている豚へのワクチン接種をめぐっては、実施した場合の影響の検証に加えて、養豚・流通業者や専門家の意見を聴取する必要性などから今回は結論を出さなかった。 
〔写真説明〕「豚コレラ」感染拡大を受けた農林水産省の緊急対策会議で発言する江藤拓農水相(中央)=14日夜、同省

(ニュース提供元:時事通信社)