政府は20日、千葉県に深刻な被害をもたらした台風15号を含む8~9月の大雨被害について激甚災害に指定する方針を固めた。安倍晋三首相が閣議後の閣僚懇談会で準備を指示した。被災状況の調査を急ぎ、近く正式に決定する。
 首相は閣僚懇で「激甚災害指定に向け準備を進める。一刻も早く電気や水が行き届くよう、復旧作業に全力を挙げる」と述べた。
 激甚災害に指定されると、被災自治体の復旧事業に対する国の補助率がかさ上げされる。今回まずは農地の復旧などが対象となる。これとは別に、武田良太防災担当相は同日の閣議後会見で、中小企業が多数被災した千葉県鋸南町について、地域を限定した「局地激甚災害」に指定する見込みだと明らかにした。中小企業の事業再建を資金面で支援する。
 この他、政府は災害救助法の対象にならない住宅屋根の修理なども国費で支援する方針だ。自治体が独自に一部損壊の住宅を補助する場合、国が自治体に財政的に後押しすることを検討する。 

(ニュース提供元:時事通信社)