家畜伝染病「豚コレラ」の感染が拡大している問題で、江藤拓農林水産相は20日の閣議後記者会見で、今後の対策について午後に発表すると明らかにした。感染拡大防止に向け、豚へのワクチン接種を含めた新たな対策を説明する。
 接種地域は発生地周辺が中心となる見通しだ。国の防疫指針は現在、殺処分を基本としており、予防的なワクチン接種は認めていない。このため農水省は指針を見直すとともに、メーカーにワクチン増産を要請する方針だ。
 江藤氏は閣議後会見で、防疫指針や養豚場の衛生管理基準について「見直すべき点がある」と指摘。「有識者や現場で働く人の意見を聞いた上、あらゆるものを一度検討してみたい」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)