自民党の二階俊博幹事長は15日午後、台風19号被害を「まずまずに収まった」と発言したことについて、「被災者に誤解を与えたとすれば表現が不適切であった。今後、災害の復旧に全力を尽くしたい」と述べ、発言を謝罪し、撤回した。党本部で記者団の取材に応じた。
 二階氏の発言をめぐっては15日、野党各党が一斉に批判した。立憲民主党の杉尾秀哉氏は参院予算委員会で「信じられない発言だ。憤りしかない」と反発。共産党の小池晃書記局長は記者会見で「これだけ深刻な被害で、一体どういう認識なのか。政府・与党全体の認識が問われる」と述べ、謝罪と撤回を求めた。 

(ニュース提供元:時事通信社)