総務省は18日、台風19号で被災した自治体のうち、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、東京、神奈川、新潟、長野、静岡の12都県内の79市町村に対し、11月分の普通交付税の一部として計309億8400万円を繰り上げて配分すると発表した。21日に交付する。同省によると、今回の繰り上げ交付は、東日本大震災など地震災害以外では、平成以降最大となった昨年の西日本豪雨に次ぐ規模。 

(ニュース提供元:時事通信社)