台風19号で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

さて、洪水などにより浸水被害にあった被災家屋を復旧するには、さまざまな知識が必要になります。

ボランティアとして、被災地における住宅復旧に長年取り組んでこられた災害支援団体「風組関東(かぜぐみかんとう)」代表の小林直樹さんより、注意点などについて説明いただきました。

第1回 被災地におけるボランティアとの協働における注意点

 

第2回 被災家屋での作業における安全衛生の注意点

 

第3回 被災家屋の復旧における法制度の注意点

 

第4回 被災家屋の復旧におけるポイントと注意点

 
 

建設業者、工務店、ボランティアのための災害復旧基礎講座

講師

【講師】
小林直樹(こばやし・なおき)

災害支援団体 風組関東(かぜくみかんとう) 代表、
技術系災害ボランティアネットワーク(DRTjapan)テクニカルアドバイザー、
全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)技術系専門委員

【プロフィール】
最近の防災・減災活動:建設業系プロボノとしてこれまで日本各地の自然災害被災地において技術支援に特化した活動を行ってきた。特に被災家屋復旧の過程において、多業種にわたる専門的な知識と技術、資機材を用い、被災者の様々な負担を軽減する方法を提案、実践する。平時は各種防災講座、水害時の家屋応急処置講座、動力工具取扱講座、災害ボランティアスキルアップ講座などを開催。

・「水害にあった家屋の片付け講習会」を三重県玉城町社会福祉協議会、みえ防災市民会議及び連携団体と共に開催
・災害ボランティアスキルアップ講習会(DRT2018山梨大月)を山梨県大月市社会福祉協議会及び連携団体と共に開催
・水害被災地にて地域・社会福祉協議会・行政向けに水害対応説明会を主催(大分県津久見市、三重県玉城町、埼玉県川越市ほか)

 
内容

第1回 被災地におけるボランティアとの協働における注意点

第2回 被災家屋での作業における安全衛生の注意点

第3回 被災家屋の復旧における法制度の注意点

第4回 被災家屋の復旧におけるポイントと注意点

※現在、本講座のEラーニングは稼働しておりません。
上記から御覧ください。計4本、すべて公開しております。

 

 

その他のEラーニング(BCP策定講座) https://www.risktaisaku.com/articles/-/17181
は下記よりログインし、ご受講いただけます。

※リスク対策.comサイトのID/PWとは別に
新規お申込みが必要になります