【シリコンバレー時事】交流サイト(SNS)最大手フェイスブック(FB)の英選挙コンサルティング会社への大規模な個人情報流出をめぐり、米カリフォルニア州の司法当局は6日、FBに文書提出に応じるようサンフランシスコの裁判所に申し立てたと発表した。この問題で、FBが本社を置くカリフォルニア州による調査が表面化したのは初めて。
 発表によると、州当局は6月、FBに対し、利用者のプライバシーの取り扱いに関して文書の提出や質問状への回答を命じた。しかし、同社は27件の質問のうち19件に回答しなかったほか、6件の文書作成に応じなかった。 

(ニュース提供元:時事通信社)