武田良太防災担当相は12日の閣議後会見で、台風19号の上陸から同日で1カ月となることを受け、「災害廃棄物の処理をどう(国や自治体などの間で)連携していくかが当面の課題だ」と述べた。
 政府が7日発表した、被災者の生活と地域産業の再建へ向けた対策パッケージでは、各地の災害廃棄物を生活圏内から年内に撤去することを目標に掲げている。同相は「今後も被災自治体の復興に全力で取り組む」と強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)