ベビーベッド下部の収納スペースに付いた扉から乳幼児の体が滑り落ち、顔が布団に押し付けられて窒息する事故が起きているとして、消費者庁は15日、扉のロックを確認するよう注意喚起した。
 同庁によると、東京都内で6月、生後8カ月の乳児が死亡。9月にも9カ月の乳児が重症となった。いずれも、保護者が目を離した隙に乳児の体が開いた扉から滑り落ち、うつぶせで口と鼻が布団に押し付けられた状態になっていた。
 ベビーベッドは、収納付きで成長に合わせ布団を載せる床板の高さが調節できるタイプが主流だが、床板の位置によっては収納部分の扉の枠との間隔が狭くなり、滑り落ちた時に首から上が挟まる可能性があるという。 
〔写真説明〕乳幼児が収納部分の扉から転落し、顔が布団に押し付けられ窒息する事故を再現した実験=15日午後、東京都千代田区

(ニュース提供元:時事通信社)