江藤拓農林水産相は22日の閣議後記者会見で、家畜伝染病「豚コレラ(CSF)」予防のためワクチンを接種した豚の肉製品が市場で流通し始めたことを受け、「小売り段階で不適切な表示がないかしっかり監視する」と述べ、風評被害の防止に努める考えを示した。
 江藤氏は不適切な表示の例として「ワクチンを接種しておりません」「接種地域のものではありません」などを列挙。「出だしが肝心。この週末に徹底的に店頭を見るよう指示した」と強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)