千葉県の森田健作知事は3日の県議会本会議で、9月に千葉市に上陸した台風15号への対応の批判を受け、自身の給与と期末手当を減額する考えを表明した。自民党県議の代表質問に答弁した。
 県議は当時の知事の行動をただした上で、「一定の政治的、道義的な責任を果たすべきではないか」と言及。これに対し森田氏は「災害発生後の私の行動は、リーダーシップを発揮し対応にあたってほしいという県民の期待を損ねた。痛恨の極みだ」と謝罪。「自らを戒め律する意味で給料を減額し、それに応じた期末手当の減額を自らに課したい」と述べた。 
〔写真説明〕千葉県議会で給与減額を表明後、記者団の取材に応じる森田健作知事(中央)=3日午後、千葉市中央区

(ニュース提供元:時事通信社)