金沢市立病院は9日、電子カルテシステムなどの運用業務などを受託しているインテック(富山市)の50代男性社員が、患者1528人と病院職員144人の氏名、住所、性別などの個人情報を持ち出していたと発表した。同病院によると、第三者への流出はないという。
 社員は2008年9月~17年4月に同病院で勤務。業務終了後にシュレッダーで廃棄すべき個人情報が記載された書類を、メモ用紙として持ち帰っていたほか、業務内容が記載されたUSBメモリーも持ち出していた。 

(ニュース提供元:時事通信社)