【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)北部の無人島のホワイト島で起きた火山噴火で、NZ警察は10日、8人が依然として行方不明になっていると発表した。負傷者は34人に上った。NZ、オーストラリア両政府などによると、NZ人のほか、豪州、米国、英国、中国、マレーシアの5カ国の観光客が巻き込まれた。不明の8人はいずれも豪州人。また、死亡が確認された5人のうち、3人は豪州人、1人はNZ人とみられる。
 警察は10日も朝からヘリなどで上空から現場の状況を確認。担当者は「噴火を生き延びた人がほかにいるとは思わない」と述べ、不明者の生存は絶望的との見方を示した。死者数は計十数人に達する見通しだ。 

(ニュース提供元:時事通信社)