11日午前2時10分ごろ、千葉市美浜区幸町の国道357号で、13トンのタンクローリーが工事現場に突っ込み、40代の作業員と50代の警備員の男性2人が死亡した。他に男女5人がけがをして病院に搬送されたが、命に別条はないとみられる。
 千葉県警千葉西署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、運転していた自称運送業近藤直樹容疑者(43)=同県市原市五井東=を現行犯逮捕した。「カーオーディオを操作して前方の確認が不十分になった」と容疑を認めているという。
 同署によると、片側3車線のうち真ん中の車線を通行止めにして下水道の工事をしていたところにタンク車が突っ込んだ。同署は今後、容疑を過失運転致死傷に切り替えて捜査を進める方針。
 現場は、京成千葉線みどり台駅の南西約500メートル。 

(ニュース提供元:時事通信社)