【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)北部ホワイト島で起きた火山噴火で、警察は13日、行方不明となっている観光客らの捜索を初めて行い、遺体6体を発見、収容したと発表した。これで死者は14人となった。残る行方不明者は2人。
 火山は活動が活発で再度噴火する可能性が50%以上あり、現場は有毒ガスが充満するなど、危険な状態が続く。警察は「(捜索に)リスクゼロの選択肢はない」厳しい状況の中、夜明けとともに捜索作戦を開始し、軍の協力を得てヘリで島に上陸、9日の噴火後初めて現場に入った。 

(ニュース提供元:時事通信社)