農林水産省は13日、家畜伝染病「豚コレラ(CSF)」の感染拡大を防ぐため、20日に栃木県で自衛隊のヘリコプターから野生イノシシ向けの餌型ワクチンを散布すると発表した。人が立ち入るのが難しい山岳地帯に一斉にまく。
 日光市足尾町の国有林で、5000ヘクタールの範囲に2500個のワクチンを空中散布する。イヌワシの生息地や取水口には投下しないよう配慮する。 

(ニュース提供元:時事通信社)