【ニューデリー時事】インドとパキスタンの係争地カシミール地方で複数回の雪崩が発生し、ロイター通信は14日、両国当局者の話として、少なくとも67人が死亡したと報じた。行方不明者も多数おり、犠牲者は増える可能性がある。
 このほか、パキスタン南西部バルチスタン州でも大雪が降り続き、家が押しつぶされる被害が発生。ドーン紙(電子版)は地元当局者の話として、少なくとも20人が死亡したと伝えた。AFP通信によれば、パキスタンと国境を接するアフガニスタンでも大雪に伴い39人が死亡した。 

(ニュース提供元:時事通信社)