加藤勝信厚生労働相は17日の閣議後会見で、新型コロナウイルスが原因とみられる肺炎患者が国内で初確認されたことを受け、「春節(旧正月)を控え、観光客の増加が予想される。検疫所の水際対策や国内で患者が発生した場合の早期探知の体制をしっかり取っていく」と述べ、万全を期す考えを強調した。
 厚労省によると、国内で感染が確認された男性は中国湖北省武漢市からの帰国時に解熱剤を使用しており、検疫所のサーモグラフィーをすり抜けたとみられている。加藤氏は入国者に対し、「解熱剤を服薬している場合は申告をするよう呼び掛けを徹底したい」と述べた上で、「過剰に心配することなく、風邪やインフルエンザなどと同様の対策を取っていただきたい」と国民に冷静な対応を呼び掛けた。 

(ニュース提供元:時事通信社)