政府は22日、自動車やバイクの所有者に加入を義務付けている自動車損害賠償責任(自賠責)保険の保険料を、4月から平均16.4%引き下げることを決めた。自動ブレーキなど安全装備の普及で交通事故件数が減少しているのに伴い、保険金の支払額も減って収支が改善しているため。値下げは2017年4月以来、3年ぶり。
 自賠責保険審議会(金融庁長官の諮問機関)を同日午前に開催した。新保険料(2年契約、沖縄県と離島を除く)は、自家用乗用車が2万1550円、軽自動車は2万1140円。引き下げ幅は、それぞれ4280円(16.6%)、3930円(15.7%)。排気量250cc超のバイクは1840円(16.0%)下がり9680円に、原動機付き自転車も1000円(10.1%)安い8950円にいずれも見直した。 

(ニュース提供元:時事通信社)