【北京時事】北朝鮮当局が新型コロナウイルスによる肺炎の国内流入を防ぐため、中国からの外国人観光客受け入れを停止したことが22日、分かった。中国の旅行会社が明らかにした。
 北京の北朝鮮専門旅行社「コリョ・ツアーズ」によると、北朝鮮当局が22日、「観光客に対する国境閉鎖措置」を取っていることを確認した。再開の見通しは分からないという。中国の別の旅行会社も同様の緊急告知を出した。
 朝鮮通信によれば、朝鮮中央テレビは21日、北朝鮮政府が世界保健機関(WHO)と連携して新型肺炎の感染防止に向けた「国家的活動」を行っていると伝えた。 

(ニュース提供元:時事通信社)