東京五輪の開幕が半年後に迫った24日、フェリー運航会社などは東京都港区の客船ターミナルで、旅客船を使いテロを想定した訓練を実施した。訓練には海上保安庁や消防関係者なども参加。五輪・パラリンピック期間中に船舶や港などでの被害発生もあり得るとして、官民の連携強化を図った。
 訓練では、テロ予告を受けたという想定の下、海上保安官や大型客船「橘丸」(5681トン)の乗組員が同船内を捜索。船内が放火された場合の消火活動や乗客の避難誘導などを行い、不審者役を取り押さえるなどした。約100人が参加したという。 

(ニュース提供元:時事通信社)