【イスタンブール時事】トルコ東部で24日午後8時55分(日本時間25日午前2時55分)ごろ、マグニチュード(M)6.7の地震があり、ロイター通信によると少なくとも18人が死亡した。被災地では倒壊した建物もあり、救助隊による捜索活動が行われている。
 米地質調査所(USGS)によれば、震源地は東部エラズーの南方約40キロの地点で、震源の深さは10キロ。エラズー県のほか、隣接するマラティヤ県などで強い揺れが観測された。
 エルドアン大統領はツイッターで、人々の安全確保のため「あらゆる措置を取る」と強調した。
 トルコは地震が多い。エラズー一帯では2010年に起きた地震で約50人の犠牲者が出ている。1999年にはイスタンブールを含む北西部で大地震があり、1万7000人以上が死亡した。 

(ニュース提供元:時事通信社)