【北京時事】中国政府は25日、国民の海外旅行を27日から事実上禁止することを決めた。新型コロナウイルスによる肺炎患者が中国本土で1300人を超え、海外にも感染が拡大する中、国民を国内から出さず、これ以上の拡散を防ぐ狙いだ。25日の春節(旧正月)をはさんだ連休を中心に、多くの中国人が海外旅行を計画しており、日本を含む受け入れ国にも大きな影響を与えそうだ。
 政府から通知を受けた旅行会社の業界団体が明らかにした。それによると、24日から既に停止していた国内の団体旅行業務に加え、27日以降は海外行きの団体旅行と旅行会社が航空券とホテルだけを手配する個人旅行も当面停止する。既に旅行が始まっているツアーについては、旅行者の健康状況に注意しながら継続するとしている。
 旅行会社が関与しない個人旅行は規制の対象外になるとみられる。 

(ニュース提供元:時事通信社)