前線を伴う低気圧が九州西方の海上から北東へ進んだ影響で、27日午前は西日本を中心に雨が降り、風が吹き荒れた。気象庁は西日本のほか、東日本の太平洋側では28日にかけて暴風や高波に警戒するよう呼び掛けた。
 一方、28日朝には別の低気圧が紀伊半島沖で発生し、同日夜には房総半島沖へ進む見込み。関東甲信と静岡県では27日昼すぎから28日にかけて雪やみぞれが降るとみられ、山沿いや平野部の一部で大雪になる恐れがある。交通の乱れに警戒が必要。
 東京23区は予想より降水量が多くなり、気温が下がった場合に大雪になる可能性がある。
 28日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で、甲信30センチ、関東北部や埼玉・秩父、東京・多摩、神奈川・箱根20センチ、静岡県の山地10センチ、関東南部平野部5センチ、東京23区1センチ。 

(ニュース提供元:時事通信社)