気象庁は27日、関東甲信や静岡では同日夜から28日にかけて、山沿いを中心に大雪となる所があると発表した。東京23区でも雪が積もり、予想よりも気温が低くなれば大雪になる恐れもある。
 前線を伴った低気圧が本州南岸を東に進み、上空に寒気が流れ込むため。気象庁は交通機関の乱れに警戒を呼び掛けた。路面凍結や農業用ハウスの倒壊などにも注意が必要。
 一方、別の低気圧が発達しながら九州付近を進んだ影響で、西日本では27日午前、高知県・室戸岬で最大瞬間風速33.7メートルを記録。夜には大分県佐伯市で1時間雨量が120ミリ以上との記録的短時間大雨情報が相次いで発表されるなど、荒れた天気になった。28日も西・東日本では暴風や高波に警戒が必要だ。
 28日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、関東北部の山沿い40センチ、甲信30センチ、関東北部平野部と埼玉・秩父、東京・多摩、神奈川・箱根25センチ、静岡県の山地15センチ、関東南部平野部10センチ。
 降雪予想を受け、JR東日本は28日の運転計画を発表した。27日午後5時時点で、新宿―松本を結ぶ「あずさ」や新宿―甲府間を走行する「かいじ」など上下線の特急計26本の運休を決定。青梅線は始発から通常の半分程度の本数で運転するという。
 東日本高速道路も利用者に冬用タイヤ装着やチェーンの携行を呼び掛けている。 

(ニュース提供元:時事通信社)