前線を伴う低気圧が四国沖から東北東へ進んだ影響で、28日は高知、徳島両県の一部で大雨となり、西・東日本の沿岸部などで風が吹き荒れた。気象庁は29日にかけ、九州から北海道の広い範囲で暴風や高波に警戒するよう呼び掛けた。
 関東甲信では上空に寒気が入ったため、28日未明から午前にかけ、山沿いを中心に雪が降った。関東では同日夜遅くから29日明け方まで大雨に注意が必要。
 関東甲信の28日午前10時までの24時間降雪量は、山梨県富士河口湖町で34センチ、長野県白馬村で19センチ。同10時の積雪は栃木県日光市・奥日光で15センチ、埼玉県秩父市で9センチを観測した。
 低気圧は29日朝に関東の東海上に達した後、三陸沖へ北上する。28日午後には山陰沖で別の低気圧が発生し、29日にかけて北陸沖へ進む見込み。
 27日夜から28日朝にかけては、大分、宮崎、高知、徳島各県の一部で記録的短時間大雨情報が相次いで発表された。大分県佐伯市では27日午後7時25分すぎまでの1時間に117.5ミリの雨が降り、1月の1時間雨量の全国観測史上最多記録となった。 

(ニュース提供元:時事通信社)