厚生労働省は28日、新型コロナウイルスによる肺炎拡大を防ぐため、政府が中国湖北省武漢市に派遣する予定の民間チャーター機に医師と検疫官を同乗させる方針を明らかにした。退避する日本人に対し、機内で診察や検疫を実施する。武漢滞在中に感染した可能性も想定し、疑わしい症状が出た人には入院を要請する。 

(ニュース提供元:時事通信社)