前線を伴う低気圧が四国沖から紀伊半島付近へ進んだため、28日は四国で大雨となり、西・東日本の沿岸部などで強風が吹いた。低気圧は29日朝に関東を通過し、その後は三陸沖を北上する見込み。気象庁は北海道と東北を中心に暴風や高波に警戒するよう呼び掛けた。
 伊豆諸島では29日の未明、関東では明け方にかけて激しい雨が降る所があるとみられ、突風や落雷にも注意が必要。関東や東海の海上では朝まで大しけが続く。
 29日までに予想される最大瞬間風速は、北海道35メートル、東北30メートル。波の高さは北海道と東北、関東、東海6メートル、伊豆諸島5メートル。 

(ニュース提供元:時事通信社)