東京五輪・パラリンピック開幕まで半年を切り、警視庁は3日、東洲斎写楽の浮世絵をモチーフにしたテロ防止を呼び掛けるポスターを作製し、都内200カ所余りの大型ビジョンで放映を始めた。海外でも人気の写楽を起用することで、訪日外国人からも協力を得たい考え。
 ポスターは写楽の代表作「三世大谷鬼次の奴江戸兵衛」を基に、くまどりの目などをあしらい、「変だ!見逃すまい」「『いつもと違う!』と感じたら、迷わず110番」と記載。英語、韓国語、中国語でも併記し、チラシを含め約12万部作製した。 
〔写真説明〕大型ビジョンに映し出された浮世絵のテロ防止ポスター=3日午前、東京・渋谷駅

(ニュース提供元:時事通信社)