【エルサレム時事】シリア北西部イドリブ県で2日から3日にかけ、シリア反体制派を支持する形で部隊を駐留させているトルコ軍とアサド政権の部隊が交戦し、多数の死傷者が出た。アナトリア通信などが伝えた。
 トルコ国防省は、アサド政権による砲撃でトルコ兵ら6人が殺害されたと表明した。トルコは反撃を加え、エルドアン大統領は「政権側の30~35人」が死亡したと述べた。在英のシリア人権監視団は「政権側の死者は6人」と指摘している。 

(ニュース提供元:時事通信社)