防衛省は10日、昨年サイバー攻撃を受けた三菱電機から、防衛関連情報が流出した可能性があると発表した。同省は「安全保障上の影響について精査中」としている。
 流出の可能性があるのは、防衛装備品の試作研究の入札に関する情報。落札方式の評価基準や性能要求事項が含まれる。防衛省が指定する「秘密」より下の「注意情報」に分類されていた。 

(ニュース提供元:時事通信社)