【ハノイ時事】複数のベトナム・メディアによると、ハノイ近郊の北部ビンフック省は13日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を防ぐため、感染者が確認されたビンスエン区ソンロイ村を封鎖した。村には1万人を超える人が生活しているが、今後20日間、出入りが禁止される。
 ベトナム保健省によると、13日午後0時半(日本時間同2時半)時点で、感染が確認されたのは全国で16人。このうち、ビンフック省ではソンロイ村を中心に11人の感染が判明した。多くが同省にある日系企業の工場に勤務し、中国・武漢への研修から帰国した労働者だった。 

(ニュース提供元:時事通信社)