一般社団法人カメラ映像機器工業会(東京)は14日までに、横浜市内で開く予定だったアジア最大級のカメラ見本市「CP+(シーピープラス)」の中止を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた措置。国内で開かれる毎年恒例のイベントで、今年は今月27日から4日間開催する予定だった。
 同工業会はホームページで中止を通知。理由について「有効な治療薬や対処法の先行きが見通せない中、来場者と出展関係者の健康や安全面を第一に考えた」と説明している。
 CP+は、来場者が最新のカメラを手に取って体験できるのが特長。今年はキヤノンやオリンパスなど約130社・団体が出展し、約7万人の来場が見込まれていた。 

(ニュース提供元:時事通信社)