【ミュンヘン時事】米高官は14日、アフガニスタンの反政府勢力タリバンと「暴力行為を7日間削減する」ことで合意したと明らかにした。米高官が、ドイツ南部ミュンヘンで行われているミュンヘン安全保障会議の会場で、ロイター通信などに述べた。タリバンが合意を順守すれば、駐アフガン米軍撤退につながる可能性があるという。
 ミュンヘンでは14日、ポンペオ米国務長官とエスパー米国防長官が、アフガンのガニ大統領と会談していた。 

(ニュース提供元:時事通信社)