新型コロナウイルスの感染は20日も各地で報告が相次ぎ、クルーズ船関連を除き、6道県で新たに8人の感染者が確認された。
 福岡市によると、同市在住の60代男性と60代女性の感染が確認された。2人は夫婦で、最近の海外渡航歴はなかった。
 札幌市では、市内在住の40代男性1人の感染が確認された。18日に感染が判明した道内3人目の感染者と共に、「さっぽろ雪まつり」の事務作業を担当していたという。
 相模原市では、相模原中央病院に入院中の80代男性1人の感染が確認された。同病院では、感染して死亡した女性が一時入院し、女性看護師の感染も判明。女性看護師が80代男性と、19日に感染が判明した70代男性の部屋を担当していた。市は院内感染の可能性もあるとみている。
 沖縄県では、豊見城市在住の80代男性1人の感染が確認された。県内で3人目の感染者で、糖尿病などの基礎疾患があり、入院しているが軽症。中国への渡航歴はなく、クルーズ船の乗客との接触も確認されておらず、県は市中感染の可能性もあるとみている。
 千葉県では、県内在住の70代女性1人の感染が確認された。県内では7人目。症状は軽く、発症から2週間以内の渡航歴はないという。
 名古屋市では、市内在住の80代男性1人の感染が確認された。
 横浜市では、市内在住の女性の感染が確認された。既に感染が確認されているタクシー運転手の妻という。 
〔写真説明〕新型コロナウイルス感染症の発生について記者会見する福岡市の高島宗一郎市長=20日午前、同市役所

(ニュース提供元:時事通信社)