東京電力福島第1原発から出る汚染水を浄化した放射性物質が残る処理水をめぐり、内閣府の担当者らが20日、茨城県の大井川和彦知事と面会し、政府の小委員会が1月末にまとめた報告書について説明した。報告書案は汚染水の海洋放出を「現実的な選択肢」としており、大井川知事は「白紙の段階で検討し直してほしい」と訴えた。
 大井川知事は冒頭、「海洋放出案には納得できない。われわれに漁業を辞めろということか」と強く反発。その後、報告書を取りまとめた経緯などについて、担当者から説明を受けたという。 

(ニュース提供元:時事通信社)