新型コロナウイルスの感染拡大を受け、加藤勝信厚生労働相は20日、国内で予定されている大規模イベントなどについて、開催の必要性を改めて検討するよう主催者に求めた。一律の自粛要請はせず、あくまで主催者の判断とした上で、イベントを開く場合は感染拡大の防止策を講じるよう要請した。
 厚労省は、個々人の距離が十分に取れない屋内に一定時間とどまることは、感染リスクを高めると指摘。開催の可否を検討する際は、感染の広がりや会場の状況などを踏まえるよう呼び掛けた。
 イベント開催の自粛は求めなかったが、感染拡大など国内の状況が変わった場合は改めて方針を示す。開催する場合は、手洗いの推奨やアルコール消毒薬の設置、風邪の症状がある人に参加しないよう依頼するなど、具体的な対策を取るよう求めた。 
〔写真説明〕記者会見し、イベント開催の必要性を改めて検討するよう呼び掛ける加藤勝信厚生労働相=20日午後、厚労省

(ニュース提供元:時事通信社)