【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)は19日、新型コロナウイルスの感染者の増加を踏まえ、日本と香港への渡航に際して注意するよう呼び掛けた。注意レベルは3段階で最も低いレベル1の「通常の注意が必要」で、渡航の中止や延期は勧告していない。
 CDCは既に中国本土について、最も危険とするレベル3の「不要な渡航は回避」に指定。過去14日以内に中国を訪れた外国人の入国を禁止するとともに、中国から帰国した米国人も14日間の隔離状態に置いている。CDCとは別に国務省も、既に中国への渡航中止を勧告している。 

(ニュース提供元:時事通信社)