【パリ時事】イタリアで21日、新たに16人に新型コロナウイルスの陽性反応が確認され、うち78歳の男性1人が死亡した。ANSA通信が報じた。16人は国内初の二次感染で、死者も初めてとみられる。北部の一部の州は感染拡大を受け、公共施設などを閉鎖した。
 ANSAによれば、死亡したのは北部ベネト州の男性。体調を崩し、約10日前から入院していた。このほか、同州に近い北部のロンバルディア州でも感染が確認された。また、ローマの医療関係者はANSAに対し、16人のうち最初に感染が確認された男性(38)は、中国から帰国した友人と食事をした後に発症したと説明した。中国への渡航歴はないとみられる。
 ANSAによると、ロンバルディア州の自治体は学校のほか、バーや食堂などを閉鎖。住民に対し、できる限り外出しないように呼び掛けた。スペランツァ保健相は、フランスで既に集団感染が確認されている前例を踏まえて「イタリアは準備ができていた」と述べ、感染防止対策は十分だと強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)