赤羽一嘉国土交通相は25日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止策の一環で、全国の鉄道事業者に対し、駅構内や車内の放送で乗客に時差通勤やテレワークなどを呼び掛けるよう要請したことを明らかにした。要請は24日付で、車内の混雑緩和が目的。手洗いやアルコール消毒などのアナウンスも求めた。
 一方で赤羽氏は、公共交通機関の利用自体の自粛を求めることについては、国民生活や経済活動に大きな影響を与えることから「現時点では考えていない」と述べた。
 このほか、赤羽氏は同省の本省職員に対し、午前8~9時台の混雑時間帯を避けるため、25日から当面の間、できる限り時差通勤やテレワークを活用するよう指示したと説明。「本省の半分くらいの職員に時差出勤の励行に取り組んでもらいたい」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)