政府は25日昼、新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・安倍晋三首相)の会議を首相官邸で開いた。国内での新型ウイルスの流行をにらみ、感染拡大防止策と医療提供体制の整備を柱とする総合的な基本方針を取りまとめた。
 首相は「感染症の専門家にも参画してもらい、対策チームを編成し、患者クラスター(集団)が発生している自治体をしっかり支援する」と強調。同日中に北海道に派遣する方針を明らかにした。
 基本方針で政府は、患者が大幅に増えた地域では、一般医療機関で患者を受け入れる方針を示した。症状が軽度なら自宅療養を原則とする。 
〔写真説明〕新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(左から3人目)=25日午後、首相官邸

(ニュース提供元:時事通信社)