【カイロ時事】イランのメディアは27日、エブテカール副大統領(女性・家族問題担当)が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになったと報じた。イランでは既に、感染防止対策を指揮していた一人のハリルチ保健次官も感染し、隔離されている。エブテカール氏は26日、ロウハニ大統領らと共に閣議に出席していた。政府高官への感染の広がりも懸念されている。
 保健省当局者は27日、イラン国内での死者が26人に増えたことを確認した。中国本土以外で最多の死者数となる。感染者数も106人増えて245人に達した。 

(ニュース提供元:時事通信社)