九州電力の川内原発1号機(出力89万キロワット、鹿児島県薩摩川内市)は16日、テロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の建設が期限に間に合わないため、原子炉を停止した。発電再開は12月下旬の見通しで、特重施設の完成遅れによる原発停止は初めて。
 九電によると、16日午前2時半から原発の出力を下げ、午前9時に発電を停止。午後1時ごろ原子炉を停止した。停止後は定期検査に入るとともに、緊急時制御室など特重施設の完成を目指す。 

(ニュース提供元:時事通信社)