【ワシントン時事】アザー米厚生長官は16日、記者会見で、厚生省のコンピューターがサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。厚生省は感染が拡大する新型コロナウイルスの対応に当たっているが、アザー氏は「われわれの防御は強力で、(コンピューター)ネットワーク機能は低下しなかった」と指摘。同省の活動に影響はないとの認識を示した。
 ブルームバーグ通信によると、厚生省のコンピューターシステムの動きの低下を狙ったとみられるサイバー攻撃が15日夜にあった。米当局は攻撃の実行者は特定していないという。
 一方、ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)は15日、ツイッターで「全米で隔離が行われるといううわさがテキストメッセージを通じて出回っているが、フェイク(偽情報)だ」と指摘した。トランプ大統領も16日の記者会見で「現時点では全米での(外出禁止令)実施はない」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)