政府は21日、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、首相官邸で安倍晋三首相、菅義偉官房長官らが出席して国家安全保障会議(NSC)を開催した。ミサイル発射は今年3回目で3週連続。北朝鮮の意図やミサイルの性能について情報収集と分析を進める方針だ。外務省は北京の大使館ルートを通じ、北朝鮮に抗議した。
 NSCに先立ち、河野太郎防衛相は記者団に「北朝鮮が新たなミサイル技術の獲得を企図していることは明らかだ」と指摘。「新型コロナウイルスが広まっているという報道もあり、体制の引き締めに使っている可能性はある」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)