国土交通省は24日、2018年7月の西日本豪雨による被害額が全国で約1兆2150億円(確報値)に上ったと発表した。単一の豪雨被害としては統計を開始した1961年以来、最大。これまでは、76年の台風17号による8844億円が最大だったという。
 国交省によると、18年の水害による被害額は約1兆4050億円。都道府県別では岡山、広島、愛媛の順に多く、西日本豪雨で被害が大きかった県が上位に並んだ。
 18年の被災建物は約6万3000棟で、うち西日本豪雨により影響を受けたのは5万6000棟を超えた。 

(ニュース提供元:時事通信社)