【ニューデリー時事】アフガニスタンの首都カブール中心部で25日、少数派シーク教徒の寺院が武装集団に襲撃され、内務省当局者によると25人が死亡、8人が負傷した。少数派を標的としている過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行を主張した。 

(ニュース提供元:時事通信社)