米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によれば、新型コロナウイルスによる世界全体の死者が日本時間26日、2万2000人を超えた。最も多いイタリア(約7500人)と同国に次ぐスペイン(約4000人)だけで1万人以上を占め、感染が急拡大している米国でも1000人を突破した。
 26日時点の死者数はこのほか、中国約3300人、イラン約2200人、フランス約1300人などとなっている。
 感染者の累計は世界で48万人超に上る。最多は中国の8万1000人超で、イタリア(7万4000人超)、米国(6万9000人超)、スペイン(5万6000人超)と続く。AFP通信は、独自集計の結果、欧州だけで感染者数は25万人以上に達したと報じた。各国は外出禁止などの措置を相次いで打ち出しているが、米欧を中心に増加が止まらない。 

(ニュース提供元:時事通信社)