【ワシントン時事】米労働省が26日発表した21日までの1週間の新規失業保険申請は、新型コロナウイルス感染拡大が直撃し、季節調整済みで328万3000件と前週比約12倍増えた。現行方式の週間件数で最多だった1982年10月(69万5000件)を大幅に上回り過去最悪を記録。雇用情勢の急激な悪化は確実な情勢だ。 

(ニュース提供元:時事通信社)